通信販売のための広告選び

現在は、インターネットを使っての通信販売が主流になってきています。ですが、広告媒体として新聞はまだまだ大きな影響力を持っています。最近は若い人の多くは新聞自体をとらずにニュースはテレビやインターネットを通じて見るようにしているようですが、依然として40代以上の人は定期購読をかなりの割合でしています。特に50代以上の人は新聞広告への強い影響を受ける世代と覚えておきましょう。つまり、新聞広告の上手な利用方法とは、この世代別の意識の違いを理解することから始まるのです。
新聞広告をうつなら、自社製品の中でも特に中高年から高齢世代を対象にした商品にしましょう。若い人向けの広告を新聞広告に出しても、あまり思ったような反応は期待できません。反対に中高年以上の世代に向けた広告をインターネットベースで行ったとしても、成果は出にくくなってしまいます。
新聞広告をうつにしても、できれば地方紙よりも全国紙がおすすめです。全国紙のなかで比べても、種類によっては通販関連の広告の反応が出やすい紙とそうでもない紙とがあります。この新聞の種類による違いは詳しく研究がされているわけではありませんが、なんとなく出来上がった傾向ということになります。
また、広告をうつときにできれば同じような種類の広告の近くに出るように工夫をした方がよいでしょう。競合他社とは離れた方がよいようにも思えますが、反対に固まって広告されていた方が読者にはインパクトが与えられます。