通信販売での広告媒体

通信販売をするときには、どのような販売方法にするかにかかわらず、何らかの広告を打つ必要があります。広告を出すためにはまずどのような広告媒体があり、自社製品はどの広告媒体を使うことで最も効率良く広めることができるかを知っておく必要があります。まずは、どのような広告媒体があり、今現在他の競合ショップがどんな方法をとっているかを調査してみましょう。
最も一般的な広告方法として、新聞、雑誌、折込チラシ、カタログ、テレビ、ラジオ、インターネットなどがあります。インターネットの中にもパソコン用のサイトとモバイル用のサイトがあり、どちらかに特別に特化させる必要もあります。このなかのどれを使うか、またはどれと組み合わせをしてゆくかは通信販売ビジネスを成功させるためには必ずなくてはならない戦略です。どの広告を使うかの選択は、以下3点に注意して考えてゆくようにしましょう。
例えば、これから女性用の下着を販売したいサイトの場合、それを購入する人を考えてみます。おそらく20~30代の女性がターゲットとして思い浮かぶでしょう。もしそれよりも年代が高い人向けの商品の場合、最初に打つべき広告はインターネットでない方がよいかもしれません。中高年の女性の場合、欲しい商品を最初にインターネットで検索する人はまだ全体的に見れば低い割合です。
このように、商品に対して購入層を考え、その年代や性別の人が最も多く利用するだろう方法に絞り込んでいきましょう。